上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご承知のとおり、表題のようなのんびりした話題ではない。が、この表題で一応、シリーズ化しているのでこのままで。

JALの再建策決定がいよいよ大詰めだ。

事前調整型の法的整理という、結局GM型の再建方式で収まりそうだ。
このblogで指摘し続けてきた年金の減額調整は未だ目処が立っていない。赤字を流しつづける、現在となっては最大の要因だが、そちらの目処がたたないうちに、株主に100%減資も含めた責任を取らせることを検討しているという。

そんな中、心配だったマイルは、ちゃんと継続することが見込まれている。まぁ、JALの重要な顧客基盤であることから、再建に重要な役割を果たす顧客を切ることは出来ないだろう。一方で大事な顧客でもある株主を切るのだから。

心配なのはプレパッケージと言っているが、ちゃんと利害関係を調整しきれているのか、という点だ。GMと比べ、調整期間が極端に短いという指摘もある。19日に会社更正法申請予定とのことだが、まだ調整事項に大きなズレを残している感が否めない。

まずは、今日にも発表される減資割合について注目したい。減資割合が99%以下で収まり、かつ、株価が一桁代まで落ちるようであれば、新生JALに期待を込めて、上場廃止になるとしても、株に投資してみようと思う。

今週のJALを廻る動向にはには注目だ。
Secret

TrackBackURL
→http://asiatravelhelpdesk.blog63.fc2.com/tb.php/62-cae4f5ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。