上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外携帯電話の話題について、引き合いが多かったので少し補足説明を。

1-2-Callについて、大変よくまとまっているページがありました。こちらをご参考されたし。
購入方法から利用法、リチャージの仕方まで、かなり詳しく掲載されている。携帯電話会社へのリンクもあり、大変便利だ。

あとは、使用感について少しコメントする。

まず最初にアクティベートと呼ばれる作業が必要だ。このアクティベート(有効化)作業は日本ではあまり馴染みは無いが、海外のサービスでは色々と付いてくる面倒くさい作業だ。銀行のキャッシュカードですら、アクティベートしないと使用できないことも多い。ただし、1-2-Callのアクティベートは難しくない。最初にどこかに電話すると、ガイダンスが流れる。それでアクティベート完了だ。なお、最初に電話した通話先にはつながらないので、再度かける必要がある。

iモードをはじめとした携帯電話によるインターネット接続サービスにおいては、日本はかなり進んでいる、というかガラパゴスと揶揄されるように、独自の進化を遂げてきた。海外における携帯メールは、今でもSMSが主流だ。日本語のように8バイト文字が無いことも影響しているのだろう。まぁ、要するに海外では携帯からインターネットのメールアドレスにメールを送信しようとすると、それはスマートフォンを購入して、プロバイダと契約しないとできない、ということだ。

あと、リチャージをはじめとしたメンテナンスは1-2-CallのHPから作業することが可能だが、タイ国内滞在中に国際ローミングサービスのセットアップを行わなければならナインには注意が必要だ。

こんなところだろうか。

ちなみに、私と同じ環境を用意する場合、以下のコストがかかる。
NTT docomo L600iを白ロムショップで購入する。 → 4,500円
SIMロック解除作業費用 → 1,500円?3,000円
1-2-Call SIMカード → 500円弱
トータルで6,500?8,000円程度でセットアップが可能だ。

私の最近のアジア渡航の際は、ネットブックを持参するようにしている。ネット環境はネットブックを通じて利用し、携帯電話は通話に特化することで、通信費は格段に抑えられる。実際、昨年、2週間程度インドネシア等に滞在したときは、2週間で数万円の通信費がかかったが、今年の1週間のタイ、ラオス、べトナム旅行では数千円に抑えられた。

通信費の節約は、工夫次第でどうにでもできるということだ。




Secret

TrackBackURL
→http://asiatravelhelpdesk.blog63.fc2.com/tb.php/61-90bc7272
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。