上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白ロムってご存知だろうか?中古の携帯電話で、前の所有者の電話番号などのデータがすべて消去されている状況のものを言う。

私はDocomoユーザーなのだが、Docomoの場合、FOMAカードを抜いて、メモリを初期化すれば白ロム出来上がりといったところだ。

で、その中古の携帯電話が何で海外滞在時の通信費抑制につながるのか、ということだが、まずはなぜ海外旅行滞在時の通信費が高いかを考えてみよう。

FOMAのワールドウィングというサービスをタイで使った場合どうなるかというと、以下の通りだ。

【タイから日本へ発信】
タイから国際電話回線を通じて、発信する。この場合の通話料はタイから日本までの回線となるが、Docomoが間に入る分、現地の電話会社からかけるよりも割高となる。

【日本からタイに発信】
日本の国内通話分は発信者が負担。しかしながら、日本からタイの国際通話分は受信者が負担。

【タイ国内同士のDocomo携帯で通話】
発信者は国際電話回線を通じて、日本の携帯電話番号に発信する。【タイから日本へ発信】と同じこと。受信者は日本国内からタイへの国際電話を受信する。【日本からタイに発信】と同じこと。要するにこの場合、発信者も受信者も日本-タイ間の国際通話をしていることになる。Docomo万歳。

さて、前述の白ロムだが、ご承知の通り、FOMAカードを差し込めば、FOMAカードの持ち主の電話として使用することができる。この仕組みは実は世界共通で、一般的にはFOMAカードのようなチップを「SIMカード」と呼んでいる。ということは、白ロムに現地の携帯電話会社(キャリア)のSIMカードを差し込めば、現地の携帯電話として利用することが理屈の上ではできることになる。現地の携帯電話として利用できれば、通信費は安くなるのは自明の理だ。

しかし、日本のキャリアの白ロムの場合、一筋縄ではいかない。
理由は、以下のような事情だ。

理屈の上では、SIMカードを入れ替えれば、SIMカードに依存した電話機となる。したがって、iPhone3GSにFOMAカードを差し込Docomoの端末として利用できるはず。しかし現実にはできない。

日本の携帯電話は販売奨励金を端末販売に際に分配してきた商慣習と、ガラパゴス諸島と揶揄されるように、キャリアごとに発達した独自サービスのおかげで、キャリアと端末がセットになってしまった。キャリア側としても販売奨励金を支給した端末でライバル会社の端末として使用されたらたまらないわけで。そこで、日本のキャリアは自社の端末としてしか利用できないよう端末にある仕掛けをした。それがSIMロックと呼ばれるものだ。

日本のキャリアの白ロムを海外で使用しようとした場合、このSIMロックを解除する必要がある。「SIMロック解除」でググれば業者はすぐ見つかるし、ヤフオクでも出品されている。ただ、端末の改造になるので保守サービスの対象外となる。あくまで自己責任で対応するということを肝に銘じておこう。
またSIMロックできる端末とできない端末とがあるので、その点も注意が必要。

おさらいだ。

(1)自分の携帯がSIMロック解除可能であるか確認する。解除できないタイプの機種であれば、白ロムを調達する。





(2)SIMロック解除ができる業者をヤフオクで探す。

SIMロック解除」で検索

(3)解除済みの白ロムを持ってアジア旅行へ。
(4)現地コンビニなどでプリペイドSIMを購入し、端末にセットすればOK。
(5)日本にいる主要連絡先にあらかじめ自分の携帯電話番号を知らせておこう。


日本からの着信が、発信者負担の料金になるだけでもだいぶ違うはずだ。

興味があれば、試してもらいたい。私はSIMロック解除まで行ったが、現地滞在の機会がまだない…。

Secret

TrackBackURL
→http://asiatravelhelpdesk.blog63.fc2.com/tb.php/49-45ce8bb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。